新築一戸建てを購入した時の流れ

こんにちは。

YOUWAの金本です。

物件購入を決めた後は実際にどのように手続きが進むのか。

今日は、新築一戸建てを購入した場合を例に話していきます。

購入する物件が決まってから引っ越しまではさまざまな手続きが必要です。

はじめてのお家購入、

「どんな流れですすんでいくのか」

「どんなお金がいつ必要なのか」

「スムーズに進めるためにはどうしたらいいのか」

 

かねもと

この、一連の流れは基本的な内容になるのでしっかりと覚えておくといいですよ!

 

まずは、大きな流れとして4つのステップがあります。

  1.  購入申込と売買契約
  2.  住宅ローン審査と金消契約
  3.  現地立会
  4.  物件お引渡しと決済

順番に説明していきます。

 

① 購入申込と売買契約

何はともあれ、すべての始まりは購入申込からのスタートです。

購入申込は、売主宛てに「物件買います!」と書面で宣言する事です。

大体は不動産仲介会社が書面を作成してくれますので、そこに購入者様が署名、捺印(※捺印はなくても可)をして不動産会社から売主へFAXで送付します。

その書面が、「購入申込書」と言って購入物件の内容、契約条件などを記載したものとなります。

かねもと

購入申込書に契約条件を記載するので、価格交渉などもそこで行います

そして、申込時にはお金は必要ありません。(一般的に)

不動産売買契約時に「手付金」としてお金が必要です。

購入申込書は、法的効力はないので正直、いつでも撤回できますが・・・

できれば撤回するのは控えた方がありがたいです。

契約ではないので、購入申し込みの時点ではお金は必要ありませんが、たくさんの人が動き出します。

もちろん、大きな買い物なので勢いもないと決断できませんが、決して不動産営業マンの言うがままに流れ作業で書くのは止めましょう。

最後に一呼吸して本当にその物件でいいのか冷静になり申込書を書く事が大切です。

購入申込をした後は、不動産売買契約に進みます。

申込後、最短で当日~1週間以内くらいに契約日時を設定します。

注意
申込当日契約は、少々危険ですので当日契約を迫る業者には注意しましょう!

そして、契約日当日の流れは

① 宅地建物取引士より重要事項説明を受ける

→ 購入物件について理解、納得する。

② 売買契約書の読み合わせをする。

→ 契約内容について理解、納得する。

③ 重要事項説明書、売買契約書に署名、捺印する。

④ 不動産売買契約成立

以上が、申込~契約まで一連の流れです。

特に、購入申込書を書く時、重要事項説明を受けるときは緊張感をもって対応しましょう。

 

② 住宅ローン審査と金消契約

契約後、いよいよ住宅ローンの審査に申込します。

住宅ローンの事前審査は、契約前でも可能ですので多くの方は購入申込から契約日までの間に行うことが多いです。

住宅ローンに不安要素がある方、または通るか心配な方は不動産会社と相談して、物件探しの段階から事前審査を行っておくのも良いでしょう。

ワンポイントアドバイス

ネットで簡単に事前審査ができる時代ですが、ネット事前審査は提出資料も少なく個人情報くらいしか添付しない為、あくまでも参考程度にしかならず信頼度が少々低いです。

必ず、不動産会社に相談し個人情報も物件資料も揃えた上で、事前審査をしっかりと行う事をおススメします。

さて、住宅ローンの本申込(本審査)は細かい書類も全て揃えて挑みます。

本人確認資料、収入に関する資料、購入物件の契約資料、物件詳細資料などなど・・・
(ここでは割愛します)

おおよそ、本審査の結果は1週間程度で出てきます。

見事に希望通りの借入額(ローン申込額)の承認がおりましたら後日、銀行とローン契約を締結します。

ローン契約 = 「金銭消費貸借契約」と言うローンを組む契約を結びます。

この時に、借入額に応じた収入印紙代金(税金)がかかります。

だいたい、借入額が1千万円を超え5千万円以下の方がほとんどですので20,000円の印紙負担です。

 

③ 現地立会検査

物件をお引渡し前に、必ず買主様の現地立会検査を行います。

ここでは、売主と買主が物件に集合し物件の詳細を確認していきます。

境界杭の確認や住宅設備の説明、建物内外のキズや不具合の有無を確認します。

この際に、細かいキズや不具合などをチェックし引渡しまでに売主が修繕します。
(場合によっては、お引渡し後になる事もある)

立会当日は、しっかりとチェックしましょう。

かねもと

もちろん、私も同行し一緒にチェックしますのでご安心ください!

素人の買主様だと気付かない事や、売主に言いづらい事もありますからね。

 

④ お引渡しと決済

最後は、物件のお引渡しです。

同時に、諸々の費用を支払う決済です。

当日は、住宅ローンを借入する銀行で関係者全員が集合して決済&お引渡しの手続きをします。

関係者は買主、売主、仲介会社、司法書士、そして銀行担当者です。

手続きとしては、司法書士が登記の書類を持参し売主、買主に書類の説明、そして署名、捺印等をもらいます。

そして、同時に仲介会社が舵をとって各種費用の振込手続きを行います。

各種費用とは、契約時に支払った手付金を除いた物件残代金と購入諸経費です。

住宅購入時の諸費用はいくらでしょうか?

2019年10月26日

 

司法書士の書類が整い、振込の手続きが完了したら銀行担当者がローンを実行。

売主、司法書士への支払いが確認取れたら、売主より鍵のお引渡しがあり全ての手続き完了となります。

これで、晴れて物件の所有者がお客様となります。

あとは、引っ越しをするだけです。

かねもと

おめでとうございます! あとは引っ越しをするのみ。

ご新居での幸せな新生活がたのしみですね。

 

まとめ

おおよそ、物件お申込み~決済までの期間は約1か月くらいです。

物件を決めるまでは時間がかかりますが、決めてからは超~早いです(笑)

ここまでの流れを頭に入れておけば、焦らず冷静に対応できると思います。

基本的には、仲介する不動産会社が申込~決済までの段取りを全てご案内してスムーズに進めていきますのでご安心ください。

かねもと

弊社ではお引き渡し後の「すまい給付金」や「住宅ローン控除の手続き」も、しっかりとお手伝い致します。

お任せください!

 

新築一戸建ての購入を検討されている方へ!

 

YOUWA
YOUWAでは、さいたま市を中心に埼玉県の新築一戸建て仲介手数料無料でご紹介しております。

詳しくは画像をクリックしてください!

新築戸建て仲介手数料無料/さいたま市・埼玉県

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

金本 淳哲

埼玉生まれ、さいたま育ちの42歳。 不動産売買仲介、注文住宅を取扱う大手不動産会社に勤め、自身の経験と知識を生かし大手不動産会社ではできない、お客様側に立ったサービスを提供したいと思い独立。不動産屋の悪い、怖いイメージを改革することを志し、皆様が安心して、より安全に、そして少しでもお得に不動産売買が出来る事を目指している不動産会社です。 社名(株)YOUWA(読み方ゆうわ)の由来は、友達の輪と言う意味を込めて 【友(ゆう)】+【輪(わ)】と名付けました。 大切な友達に変なものを紹介する人はいません。 そんな事していたら、友達なくしちゃいます。 私は、皆様と大切な友達と同じように信頼関係を築き、皆様にとって最高の不動産屋の友達になれればと思っています。 そして、より多くの方に不動産屋の友達知ってるよと紹介頂けることを目標にしております。